留学前に言葉を学んでおこう

留学の準備をしておけば、安心して旅立つことができます。

留学の中に、語学を目的にしているものもありますが、まったく言葉を話すことができないよりも、ある程度の勉強を行っていた方が、現地に早くなじむことができるのです。



現地に行ったときに、ちょっとした言葉を交わせるだけでも、友人を作るきっかけになってくるので、留学する前に語学学校に通って勉強を行っておいてください。
それほどレベルの高い勉強をしなくても、初級者レベルの語学を学んでいくだけでも、現地に行ったときに戸惑ったりすることがなくなってきます。


またある程度の語学を話すことができれば、現地で働くことができるので、留学中の生活費を稼げるようになってきます。外国で暮らしていくためには学費だけではなく食費や光熱費などあらゆる部分にお金がかかってきます。
このお金を補うためには、留学前にためておいたお金だけではなく、現地で働くことでお金を稼いでいかないといけません。
言葉がある程度わかっていれば、いろいろなアルバイトの中から働けそうな職場を選んでいくことができるので、生活費を自ら稼ぎ出せるようになってきます。

産経ニュースについてわかりやすく説明しています。

海外に行ったときの生活費まで考えるならば、出かける前に語学学校に通ってみてください。

留学をご提案いたします。

ある程度の期間通うことで、外国に出かけて行ったときでも、相手が何を伝えようとしているのかわかるようになってきます。そのため、外国でアルバイトも行いやすくなるのです。

いまどきの教育

留学に興味があっても、金銭面や時間の都合で難しいという人も多いでしょう。ただ、1年や2年といった長期間は無理でも、1か月程度の短期間であれば、十分可能だという人もいるかと思います。...

more

基礎知識

日本人が英語を話せない理由は、英語の型ばかり勉強しているからです。文法を完璧にし、それを使って読み書きを練習します。...

more

納得の知識

日本では、教育分野において様々な問題を抱えています。例えば、少子化が進んだことで少人数クラスが当たり前になり、社会性を身につける事が難しくなりつつある、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントの問題が以前より注目されるようになり、教師も子供に対して厳しくできないため、根性のある子供や積極的に行動できる子供が減ったなど、かなり深刻化している問題とも言えるでしょう。...

more

ためになる情報

日本人は、英語の型ばかりを学んでいるため、いっこうに話せるようにはなりません。読み書きに強くはなりますが、話すことに力は入れていません。...

more