日本人が留学する場合に注意すべきこと

日本人は、英語の型ばかりを学んでいるため、いっこうに話せるようにはなりません。

読み書きに強くはなりますが、話すことに力は入れていません。

産経デジタルの有益情報を見つけよう。

また、英語を話すことに恥ずかしさを感じているため、自信を持って使うこともできません。

これらを克服するためには、留学をして自分を追い込む必要があります。

ただし、日本人が留学する際、2点注意しなければならないことがあり、無視してしまえば意味の無い経験となるでしょう。
1つ目はコミュニケーションを積極的に取らなければならない点です。

恥ずかしいと思いつつも、話さなければ英語を使えるようにはならないので、それを無理やり突破することが必要です。



知っている単語やジェスチャーだけでコミュニケーションは取れるので、不安に思うことはありません。


最初だけ英語を話すことに恐怖を感じるかもしれませんが、一度話すことができれば、その後は積極的にコミュニケーションを取れるようになっています。


これによって少しずつ英会話フレーズが増えていき、スムーズな会話が可能となります。

もう1つの注意すべき点、日本とは環境が違うことを認識することです。



日本は比較的治安が良い方ですが、海外はそうではありません。

英語を話せないことから、犯罪のターゲットにされる恐れがあるので、常に警戒することが大切です。
留学する際に持っていく手荷物を手放さないようにし、どこかに置くことがあったとしても、絶対に目を離してはいけません。